だれでも真っすぐに、少ない力でザクザク切れる。ブッシュクラフト用ノコギリが登場

刃物をもっと身近に。力を入れて引きやすい「FEDECAブッシュクラフトソー」



金物の町「播州三木」にて明治28年創業の老舗工具刃物メーカー、神沢鉄工株式会社(本社:兵庫県三木市、代表取締役 神澤秀和)が初心者でも扱いやすいブッシュクラフト用ノコギリ「FEDECAブッシュクラフトソー」をFEDECA公式サイト、全国の小売店にて販売を開始しました。


https://store.fedeca.com/collections/bushcraft-saw

ブッシュクラフトソーと専用ケース(オプション)



3つの特徴

1:刃が曲がらず真っすぐに切れる

アルミダイキャスト製の軽くて頑強なフレームに、テンションをかけて刃を固定。刃が曲がらずに真っすぐに安定したストロークで木を切断できます。


2:力を入れて引きやすい

引きノコに最適化された「プルハンドルスタイル」の持ち手により、握力に自信がない人でも力を入れて引きやすくなっています。


3:「衝撃焼き入れ」による最高の切れ味

鋼を一瞬で、衝撃的に加熱したあと、急速に冷却することで刃に硬さをもたらす『衝撃焼き入れ』によって最高の切れ味と長切れを実現します。


誕生の背景

2015年にスタートした刃物ブランド『FEDECA』では「刃物をもっと身近に。」をブランドステートメントとし、これまでナイフキット「It’ my knife」を皮切りに、折り畳める包丁をコンセプトとした「折り畳み式料理ナイフ」、ペンのような操作性で革を切れる「レザークラフトナイフ」と、次々と革新的な刃物製品を発表してきました。


今回、アウトドアシーンで注目を集めるブッシュクラフトに焦点を当て、特に初心者が苦労するノコギリ作業をもっと手軽にし、木を切る楽しさ、木で作る喜びをより多くの皆様に感じていただきたい、そんな想いで開発したのがこのブッシュクラフトソーです。


鋸で木を切っていて、真っすぐ切っているつもりでも段々曲がってしまう。 しまいには、刃が挟まって抜けなくなってしまった、なんて経験された方も多いのではないでしょうか。


そんな、初心者が感じるノコギリ作業の難所を上記3つの特徴をもってサポート。さらに、高級材ウォル ナットをハンドルにあしらいガングリップをデザインコンセプトとした重厚感あるデザインに仕上げまし た。この「FEDECAブッシュクラフトソー」を通じて、ブッシュクラフトへ挑戦していただけるお客様が 少しでも増えることを願っております。



製品概要

■商品名:ブッシュクラフトソー

■特徴:初心者でも扱いやすいブッシュクラフト用ノコギリ

■発売日:2020年11月20日

■販売先:全国の小売店様(https://www.fedeca.com/post/stock-list)

     FEDECA公式サイト(https://www.fedeca.com/)

■販売価格:4,800円(税別)

■オプション:専用レザーケース3,900円(税別)(写真右)

       専用替え刃2,200円(税別)



資料に関してのお問い合わせ

神沢鉄工株式会社 FEDECAプレス担当:御守文紀

電話:0794-83-1166

FAX:0794-83-7355

E-mail:onmori@kanzawa.co.jp

HP:https://www.fedeca.com/

住所:​〒673-0456 兵庫県三木市鳥町27番地


164回の閲覧