ロゴ.png

あなたはどっち派?? キットと完成版の違いについて



FEDECA『折畳式料理ナイフ』は、 もともとナイフキットとして販売している It's my knife foldingのコンプリートモデル(完成版)になります。


It's my knife Folding easy

折畳式料理ナイフ

基本構造は同じですが、一番大きな違いは商品コンセプト。

キット: ハンドルを削って作るナイフキット。カスタマイズを楽しむこだわり派向き。

→ 研ぎ感にこだわりたい!鋭い切れ味の刃付けがしやすい炭素鋼(青紙2号)を採用。

(追記:2020年4月にステンレス版も販売開始しました。)

→ 白い木肌が美しく剛性のあるブナノキをハンドル材に採用。

木の経年変化が楽しめ、塗装やウッドバーニング、レーザー彫刻が映えます。

完成版:ナイフ初心者から楽しんでいただけるよう設計。メンテナンスの手軽さを重視。

→ 錆びにくさと切れ味を両立したハイブランドステンレス鋼(銀紙3号)を採用

→ 多様なデザインをご用意。お気に入りの一本をお選びいただけます。


青紙2号と銀紙3号の違いをまとめてみました。




なお、基本構造は同じなので、パーツに互換性がありますので、完成版をキットのパーツを用いてカスタマイズすることもできます。


以上、キットと完成版のコンセプトの違いをご紹介しました。

皆さんは「こだわり派」「お手軽派」どちらを選びますか??

0回の閲覧
ロゴ.png
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

© FEDECA