ポケットやサコッシュにミニマムに収まる。掌サイズのフォールディングナイフが4月29日発売。

クラウドファンディングで800万円以上の支援を集めた折畳式料理ナイフの弟分

山やソロキャンプに連れていきたくなるコンパクトナイフの販売を開始


 金物の町「播州三木」にて明治28年創業の老舗工具刃物メーカー、神沢鉄工株式会社(本社:兵庫県三木市、代表取締役 神澤秀和)が山登りやソロキャンプの際に持ち運び易い、折り畳み式料理ナイフ「FEDECA ヤマ飯ナイフ」を全国の小売店、FEDECA公式サイトにて販売を開始します。


リップルブラック(上)、イペ(中央)、名栗イペ(下)


刃渡り約7cmの手乗りサイズ


3つの特徴

1:小さくても切りやすい形状、選べるハンドル材

 折り畳める包丁をコンセプトとした、折畳式料理ナイフの形状をヤマ飯ナイフにも採用。山に持ち出せる携帯性と包丁の操作性を両立する切りやすくてコンパクトなナイフです。ハンドル材は3種類。イペ、名栗イペ、ブラック[積層強化木]を使ったハンドル材を展開。サイズが小さくなることで見失うことを軽減するために、首やバッグから下げれる真鍮製のランヤードホールがついております。



2:メンテナンスしやすい構造


 フォールディングナイフの弱点と言える「ブレードを折り畳んだ内部のメンテナンスが困難」な問題がありますが、ヤマ飯ナイフの構造は非常にシンプルで、付属の板ドライバーでネジを緩め、ハンドルを外し簡単にメンテナンスすることが出来ます。お肉や魚を裁いた後に肉片が入ったまま。なんてことがありません。


3:日本の職人が仕上げた「最高の切れ味」


 プロの料理人が使用する包丁にも使われている日立金属のステンレス鋼「銀紙三号」を使用しております。主にプロの料理人向け和包丁の鋼材として使われています。炭素を含んでいるのでまったく錆びないというわけではありませんが、炭素とクロムのほどよい含有量が生む硬度により、鋭い切れ味を発揮します。






誕生の背景


 2015年にスタートした刃物ブランド『FEDECA』では「刃物をもっと身近に。」をブランドステートメントとし、これまでナイフキット『It’s my knife』を皮切りに、折りたためる包丁をコンセプトとした「折畳式料理ナイフ」、ペンのような操作性で革を切れる「レザークラフトナイフ」と、次々と革新的な刃物製品を発表してきました。


 今回は、山登りやソロキャンプのお供にしていただきたいナイフを目指しました。例えば、遠い山のピークを目指す場合、食事は極力簡単にフリーズドライやインスタントで済ませたくなります。ところが、お子様やご経験が少ない方と山に行く時はどうでしょうか?せかせかして山登りがしんどい、楽しくない、と思われてしまうより、野菜たっぷりのお鍋やパスタなど、ヤマ飯があれば仲間全員で楽しむことができます。ソロキャンプでは、日常では味わえない自然を感じながら、時には釣りを楽しみ、その日釣れたお魚をさばいて頂くなど、普段の生活では感じることが出来ない五感を感じていたい。「FEDECA やまめしナイフ」を通じて、自然に出掛け、楽しい時間や心が満たされるお手伝いが出来ればと願っております。





製品概要


1:イペ

イペは南米原産の広葉樹で、港湾や岸壁のウッドデッキの材料に使われるなど、人の往来の激しい場所に耐えうる強度、水のかかるような条件の悪い場所でも高い耐久性を誇る木です。重量、高度もあり、重厚な質感が特徴です。






2:名栗イペ

板や柱に“ちょうな”で削り跡を残す「名栗(なぐり)加工」。独特の削り痕が特徴的な日本古来の加工技術で全体的に躍動感のある雰囲気を醸し出します。機械加工によりナイフの持ち手に再現しました。







3:リップルブラック

 天然の木材の単板に樹脂を含侵し、それを重ね合わせ、高温高圧で圧縮することで高い強度を持たせた積層強化木を使用。水面に浮かぶ漣(さざなみ)のように細かく繊細な凹凸が、ナイフの持ち手を上品かつ華やかに演出します。







■商品名:ヤマ飯ナイフ

■特徴:山登りやソロキャンプに丁度良いコンパクトなフォールディングナイフ

■発売日:2021年4月29日(木/祝)

■販売先:全国の小売店様(https://www.fedeca.com/post/stock-list

     FEDECA ONLINE SHOP(https://store.fedeca.com/※販売時期未定

■販売価格:イペ       7,590(税込)/6,900(税抜)円

      名栗イペ     9,240(税込)/8,400(税抜)円

      リップルブラック 9,900(税込)/9,000(税抜)円

■オプション:フォールディングナイフ用レザーケース(小) 2,750(税込)/2,500(税抜)円


資料に関してのお問い合わせ

神沢鉄工株式会社 FEDECA Communications Director:御守文紀

電話:0794-83-1166

FAX:0794-83-7355

E-mail:onmori@kanzawa.co.jp

HP:https://www.fedeca.com/

住所:​〒673-0456 兵庫県三木市鳥町27番地


952回の閲覧