© FEDECA

ロゴ.png

あると便利、木削り台の作り方を解説




初めての木削り、こんな削り台があったらとっても便利です。

構造はこんな感じになっています。とってもシンプルです。



テーブルの端に引っ掛けて使用します。

削る材料をこの台の当て部分に押し当てることで

安定して作業することができます。






長いものでしたら、お腹で抑え込むこともできます。


土台となる板と、当て板となる棒を、両面テープで貼り付けるだけで、

とっても簡単に作れます。

パーツも、廃材や100円ショップで安価に手に入るものでOKです。


今回は、廃材を使って作成します。

板1枚と、板の幅に長さを切った棒を2本用意します。

それらを写真のように両面テープで貼り付けます。



完成です。


冒頭で紹介した削り台のように、

お好みに合わせて中心にV字に切り込みを入れると、

より材料を安定させることができます。


皆様、是非試してみてください。

590回の閲覧