ロゴ.png

お手入れについて 折畳式料理ナイフ 編


日々のお手入れ

ブレード

  • ステンレス系の錆びにくいブレードでも、水に浸けたまま、もしくは濡れたまま放置しますと錆びる事があります。ご使用後はよく洗ったあと、乾いた布で水を拭き取って、湿気のこもらない場所に保管してください

  • 長期間使用しない場合は、ブレードに防錆オイルを塗布して保管してください。

  • 防錆オイルは、椿油やオリーブオイルといった乾燥しても固化しない不乾性油の使用をお勧めしております。

  • 適宜、付属の板ドライバーで刃の開閉をお好みの固さに調整してください。

  • 皿バネとワッシャーの間に蜜蝋などを潤滑剤として塗布すると、刃の開閉がスムーズになります。

  • 錆びてしまった場合はすぐに錆を除去してください。除去の仕方は下記リンクをご参照ください。

ハンドル

  • 使用後はハンドル部分の水分を十分に拭きとって保管してください。

  • 無垢の木材を使用したシリーズ(ビルマチーク、名栗ビルマチーク)は、木肌が乾いてきたら定期的に付属の蜜蝋ワックスやカルナバワックスを塗布してください。水が付いて乾燥した後、まれに毛羽立ちが起こることがあります。気になるようでしたら、 #240 のサンドペーパー、もしくはそれより細かい目のサンドペーパーでその都度研磨していただくと、毛羽立ちが徐々に無くなっていきます。

  • 定期的にナイフを分解して、内部を清掃されることをお勧めしております。


保管方法

  • 火気の側や直射日光を避け、湿気の少ないところで保管してください。長くご使用にならない時は、乾燥した涼しい場所で保管してください。


研ぎ方について

  • 刃が欠けた場合や切れ味が悪くなった場合は、そのまま使用せずに必ず研ぎ直しをしてください。

  • フォールディングナイフは、一般的な両刃包丁と同じ刃付けをしております。日頃の研ぎは、両刃包丁用の簡易シャープナーで研いでいただくことも可能です。

  • 砥石を使っての研ぎ方は、下記リンクをご参照ください。

2,577回の閲覧

FOLLOW US

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
ロゴ.png

© FEDECA